ディプロマコースとレッスンの流れ

ディプロマコースを履修するとディプロマや認定講師を目指せます。

フランススタイル ディプロマコースを初級から上級を終了すれば、日仏フローラル芸術協会のディプロマや認定講師を目指せます。またDAFA1や2の受験に必要な課題がカリキュラムに含まれています。 DAFAは、フランス国立園芸協会が主宰するフラワーアレンジメントの技能試験で、1から3までの3段階あります。DAFA1に合格すれば、フラワーアレンジメントの基本技術を一通り身につけていることの証明となります。エコールでは、試験課題のレッスンや試験日に合わせたパリ研修旅行により、受験をご支援しています。 DAFA2は、例年10月にパリで行われます。 日仏フローラル芸術協会は、フランススタイルのフラワーアレンジメントを愛するフラワーデザイナーやインストラクターの協会です。活ける技術や教える技術を認定するディプロマ、高いレベルの技術の維持に取り組んでいるインストラクターを認定講師として認定しています。 DAFAは、フランス国立園芸協会が主催するフラワーアレンジメントの技能試験です。ここをクリックするとDAFA試験のご説明ページにリンクしています。

フランススタイル ディプロマコース

フランススタイルのフラワーアレンジメントを基礎からしっかり学びたい方にお勧めです。 将来、ご自分のお教室を開きたい方、フラワーデザイナーとして自立したい方や、お花屋さんでお勤めの方にも、フラワーアレンジメントの技術を磨けるレッスンとして好評です。先ずは、体験レッスンをどうぞ。

ディプロマコースの特色

  1. エコールが日仏フローラル芸術協会に提供している講座です。
    上級クラス終了後にディプロマ受験やた認定講師を目指せます。
  2. 上級まで履修するとDAFAの試験課題を一通り学べます。
  3. 履修後も技術力やデザイン力を伸ばせるように、ご希望の方は「研究クラス」で学べます。

DAFA

フランス国立園芸協会(SNHF)が主催するフラワーアレンジメントの技能試験です。試験はパリ7区の園芸協会の本部で行われます。DAFAは1から3の3段階あり、DAFA1は4月、DAFA2は10月に行われます。エコールでは、受験に向けて課題のレッスンや試験日に合わせたパリ研修旅行でご支援しています。

こちらもご覧ください。

DAFAのご紹介
フランス国立園芸協会が主催するフラワーアレンジメントの技能試験

気軽にでもしっかり学ぶパリスタイルフラワーアレンジメント
デザイン中心のパリスタイルフラワーアレンジメントのレッスン