書籍のご紹介TOP 本の紹介> 書籍のご紹介(No.2) > このページ
  ●●● 内容をもう少しご紹介 ●●● 
書籍のご紹介に戻る
 
テーマは葉っぱや小枝でパリ風の器 季刊ベストフラワーアレンジメントの07年秋号の126ページから127ページ画像を掲載しています。
 

葉っぱや小枝でパリ風の器に

パリのお花屋さんのウィンドウを覗くと葉や枝の器にあしらったアレンジメントを見ることがあります。また、パリでフローリストのレッスンを何度か受けられた方でしたら、葉の器のアレンジメントを一つ二つは学ばれた経験がおありだと思います。パリスタイルでは、葉や小枝を使ったアレンジメントはそれほどに定番となっていると言えます。

実りの秋から厳しい冬にかけてヨーロッパでは、様々な季節の行事が行われますが、このようなアレンジメントが場の雰囲気によく馴染みます。クリスマスのリースにもつながっているような気がします。

今回は出版社からのご要望で2種類のアレンジメントをご紹介しました。(P126-127)

 

 
p86-87   p84-85
     
  ページはDAFAについての説明と写真がメインです・左下の写真には当社のデザイナーが写っています。ページ86ページから87ページです。 フランス国立園芸協会についての紹介ページです。84ページから85ページを掲載しています。

 

ベストフラワーアレンジメント

株式会社フォーシーズンズプレスの季刊誌です。

  出版社のサイトはこちらから

      

 

 

フランス国立園芸協会(S.N.H.F.)のご紹介

フランス国立園芸協会の歴史について、1827年の創設から説明されています。

上の右側ページの建物の写真は園芸協会の建物正面、左のページ写真はDAFA検定試験中の様子や作品が紹介されているページです。
DAFAについては、その位置づけや1(プルミエ)から3(トワジエム)までの3段階の検定試験の内容をわかりやすく紹介していますので、とても参考になると思います。(p84−87)

一番左下の写真は、フランス園芸協会の主催レッスンのものと思いますが、当社デザイナーが写っていますので、エコールドブッケフランセのフランス研修旅行でお世話になった時の写真と思います。偶然とは言え、これも関係の深さかと勝手に思っています。

エコールブッケフランセは、DAFA受験をご支援しています。DAFA1では、5年連続の経験の上に06年度22名が合格、07年度は20名全員合格の実績があります。

来年には、DAFA2受験対策コースを新設し、次に挑戦します。

エコールドブッケフランセは、DAFA受験の実績と経験に裏打ちされた対策コースが人気です。こちらをクリックすると各種講座のご案内ページが開きます。

 
 
   

お問合せ先 
株式会社フローリストパリ  東京都目黒区自由が丘1−21−3 A1 電話 (03)6657-7951  FAX (03)6657-7952